スポンサードリンク

   

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロビオティックで排毒をしましょう♪ 

排毒とは読んでみてわかるように体から毒を排除する事を意味します。排毒の毒は毒と言っても一般的に想像される物ではなくて、体に不要な物という意味であり、このコンセプトは東洋医学のコンセプトの一つですよね。本当のところ、人間の体は代謝機能によって、体にとっての不要物をきちんと排出する様にできます。けれども、ストレスや偏った食事によって、体の代謝のリズムが崩れてしまうと、この代謝がスムーズに行かなくなり、毒素が蓄積されると言われます。
よって、この体の中の溜まった毒を排出し、体内をきちんと綺麗に浄化する必要があるのです。マクロビオティックはこの排毒効果があるとされています。油や動物性食品、食品添加物や精製した砂糖等をとらないことによって、体に余分なストレスをかけず、そして、こだわった体に良い食品をとることによって体の中からきれいになれるのが、マクロビオティクスですよね。体に不要な物を摂取しない事によって体のリズムが整えられ余分な物が排出される。この流れによって、マクロビオティック排毒してくれるのです。体の余分な物を、排出するため、痩せやすくなる等、排毒デトックスもよく耳にする言葉ですよね。
けれども、この排毒には注意が必要になってきます。マクロビオティックを開始し、排毒素が始まると体に不調が現れる事がありますが、その症状が排毒による物なのか、それを超えた体調の不良なのかが、判断が難しいためです。一般には1~3ヶ月以上、様子を見てから、症状が改善しない、または悪化するようでしたら、排毒の域を超えてしまっているため、マクロビオティックを見直したほうが良いです。せっかく体に良いと思ってやっている事が、実は逆効果になってしまっては全てが無駄になってしまいますから、自分の体調を見極め、無理をしすぎないほうが良いのではないでしょうか?

スポンサーサイト

Trackbacks

Trackback URL
http://macrobiotic2.blog114.fc2.com/tb.php/17-2ec08c69

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。